ワイン日記

ワインの世界は、知識があるとさらに楽しめる。あなたに昨日よりも楽しい夜のひとときをお贈りしたい

ロマネ・コンティを造る品種「ピノ・ノワール」

 

 

ロマネ・コンティ」という名前のワインを、一度は聞いたことがあると思います。

ものによっては一本で何百万もする超高級ワインですが、

これは「ピノ・ノワール」という品種が使われています。

カベルネソーヴィニヨンにつぐくらいよく見かける品種であると思いますが、

一体このピノ・ノワールとはどんな品種なのでしょうか?

 

 

 

カベルネソーヴィニヨンやメルローと違い、ピノ・ノワールはほとんどの場合

ほかの品種とブレンドはせず、単一品種でワインに用いられます。

そのため、仕上がりに土壌や気候、醸造方法の小さな違いがあらわれます。

 

世界中で絶賛されている品種の一つですが、栽培が難しい品種でもあります。

ピノ・ノワールは、果皮が薄いため、熱くて乾燥した気候には向きません。

早く熟しすぎて、精彩を欠いたアロマになってしまうからです。

ですから、比較的冷涼な気候を好みます。

 

しかし寒すぎても湿度が高すぎてもだめで、雨や風にも弱いです。

ピノノワールは、環境に左右されやすく、

乾燥では育成が阻害され、多雨では葉や枝が伸びすぎたりと、

理想的な成熟への悪影響となるのです。

 

フランスのブルゴーニュ地方、シャンパーニュ地方、

アメリカのカリフォルニア州オレゴン州、ドイツなどを主に、

世界中で栽培されています。

 

味わいは、力強さよりも繊細さが特徴です。

タンニンは、カベルネソーヴィニヨンのようにいかめしくなく、

ヴィロードやシルクのように心地よい、きめ細やかな渋みをもちます。

若いうちは独特の果実味がしますが、熟成すると紅茶やトリュフのような

アロマティックな香りを開花します。

 

 

 

栽培が難しく、価格も高くなってしまいますが、マニアを虜にし、

多くの人を引き付ける魅力ある品種です。

一本で軽い一財産となりうるワインを生み出しまう品種でもあるのです。

ピノノワールは、カベルネソーヴィニヨンと違い、値段が安いとはずれが多いので、美味しいピノノワールを求めるときは少しフンパツする必要があるでしょう。

ちょっとしたご褒美などに飲んでみてはいかがでしょうか。