ワイン日記

ワインの世界は、知識があるとさらに楽しめる。あなたに昨日よりも楽しい夜のひとときをお贈りしたい

これだけ知っておきたいブドウ品種「カベルネ・ソーヴィニヨン」

 

 

 

ワインを理解するには品種を知ることが必要です。

実際にお店でのテイスティング、ワインを購入する、ワインリストからんおチョイスなど、さまざまなところで役に立ちます。

ブドウ品種を知り、個性をつかむことで、ワインの楽しさや喜びを広げていきましょう。

 

 

 

 

カベルネ・ソーヴィニヨンです。

カベルネソーヴィニヨンは、フランス、ボルドー地方から広まった

最高級赤ワイン用によく使われる品種です。

 

 

フランスの偉大なワインをはじめ、カリフォルニア、オーストラリア、チリ、イタリアなど世界各地で高品質なワインを生み出しています。

 

 

晩熟で、小ぶりな身を包む果皮がとても厚いため、比較的温暖な地域で

良く育ちます。砂利質などの水分の少ない土壌を好み、乾燥に強いです。

 

 

色調が濃厚で黒みを帯びた赤紫で、果皮が厚いことも相まって、

タンニンが豊かでしっかりとした渋味を感じる味わいになっています。

カベルネソーヴィニヨンに含まれる豊富なタンニンは、

若いうちはイガイガとしていて、味わいに硬さを与えます。

 

しかし、豊富なタンニンを持つということは、長期熟成が可能で、

ゆっくりと進む熟成により、角が取れてバランスよく、緻密な渋みに

かわります。特にボルドーで作られたものは、最低十年は寝かせないと

飲み頃にならないといわれたりしているくらいです。

 

また熟成は、オークの樽によってなされることでその真価を発揮、

ラズベリー、ブルーベリー、たばこ、ジビエ、杉など

この上なく複雑なブーケを開花させます。

 

 

 

カベルネソーヴィニヨンはコンビニやスーパーでもよく見かける品種ですね。

家などで普段よく飲む人も多いとおもいます。

あなたがワインを飲む際、これらの特徴を知ったうえで味わうことによっ

いつもより少しでも楽しめたなら幸いです。