ワイン日記

ワインの世界は、知識があるとさらに楽しめる。あなたに昨日よりも楽しい夜のひとときをお贈りしたい

ワインには欠かせない、でもちょっと難しい「テロワール」って?

  

 

 

 

フランス語で ’terroir ' とつづられる「テロワール」という考え方は、

フランス特有です。実は日本語ではぴったりと表す言葉がないのです。

(英語のGood Morning、が日本語でおはよう、となるのと似たような感じ。)

 

 

そのため日本内ではいろいろと解釈されていますが、

主に「気候」「土壌」「地勢」などという言葉が用いられます。

 

 

しかし、単純に土壌や天候といった、それぞれだけを指しているのでなく、

かなり簡単にまとめてしまいますが、テロワールとは

「ブドウが生まれてくる環境全体のこと」です。

 

 

さらにここからわかるのは、

ワインづくりには、場所、土、天気といった自然要素が非常に重要で、

栽培する環境が変われば、たとえ全く同じぶどう品種を育てたとしても出来上がるブドウ(ワイン)は違ってくるのだ

ということです。

 

 

 

ではワイン造りに適した環境はどういったものなのでしょうか?

また環境によってどうちがってくるのか?

次回から触れていきますが、これを知ることで

どうしてフランスではあんなに高価なワインが生まれるのか、

すこし理解できるようになります。