汲めども尽きぬ知恵の泉

学んだことや、生活の日記を書評という形でアウトプットするためのブログ

【書評13】『明治の人物像』星新一|努力し、なお努力する

本を読み始めたきっかけが小学校の時出会った星新一のショートショートである。今でもショートショートが好きだが、それに劣らず星さんの長編が好きである。『声の網』『人民は弱し 官吏は強し』など名作が多い。 今回の『明治の人物像』だが、これは星新一…

【書評12】『好きなことだけで生きていく。』堀江貴文|まずは行動、とりあえず行動

行動力こそ価値がある 真っ先に行動を起こす人間は、良い意味でバカが多い。リスクを小利口に計算せず、しようともしないバカさ加減がイノベーションを生み出す。その先に成功があろうが失敗があろうが、どちらからも学びがある。 そもそも失敗したところで…

【書評11】『国境の南、太陽の西』村上春樹|

自分の中の繊細な部分を表現してくれる 村上春樹を初めて知り、引きつけられた原因はこの『国境の南、太陽の西』だ。たしか高校の時の国語の模試かなんかで、この本の一節が引用されていた。そしてその中の一部に衝撃的な共感を持った、という感じでこの本を…

【書評10】『美人過ぎるFXブロガーとZAiが造ったFX本 ファンダメンタルズ編』|経済を学びたい人はFXをやればいいのでは?

タコ足や、移動平均線など、FXにとってテクニカル分析は欠かせない。エントリーするその瞬間に見ているのはチャートである。最近実際に、買われすぎ売られすぎを表すRSIや、5分足などのチャート、ゴールデンクロスやデッドクロスなどを参考にしていくと、あ…

【書評9】『~1日3度のチャンスを狙い撃ちする~待つFX』|勝負事には適した時がある

最近海外で講座を開いて、FXを始めた。もともと投資に興味があったのと、就活というものからの現実逃避だ。始めるからには勝ちたいし、勉強という意味を込めて、10冊くらい投資に関係する本を読んだ。そのうちの一冊の気に入った内容をアウトプットしていき…

【書評8】『脳には妙なクセがある』池谷裕二|人がブランドに動かされる理由とは

直観的にイメージで判断する脳 前回の『不合理な地球人』では、人の間違った判断について経済的な視点から触れたが、今回は脳科学からだ。 有機栽培、オーガニック食品という言葉を頻繁に目にする。こういったフレーズを見るとついひかれてしまう。健康に良…

【書評7】『不合理な地球人』ハワード・S・ダンフォード|合理的に考えているようで実はそうではない人びと

人間は限定的に合理的である。 合理的というと、冷静で冷たい、非感情的など負のイメージが出てくる人もいるかもしれないが、いったんそういった考え方はどこかに追いやってほしい。 合理的であることは、投資や仕事といったことだけに必要とされるものでは…

【書評6】『本は10冊同時に読め!』成毛眞|”その他大勢”から抜け出す生き方

「速読」かつ「多読」の読書術 題名となっている、「10冊同時に本を読む」こと自体は簡単だ。成毛さんが言うには、リビングやトイレ、通勤用カバン、ベッドなど、さまざまな場所に本を用意し、その場所によって読む本を変えるというものだ。そんな感じで、一…

【書評5】『星の王子さま』サン・テグジュペリ|いちばんたいせつなことは、目に見えない

外見は大切ではないが利用できる あるトルコの天文学者が、発見した小惑星について会議で発表した。しかし、彼の発表はそのときの服装のせいで認められることはなかった。数年後、今度は洗練されたスーツで全く同じ発表をしたところ、全員に認められた。とい…

【書評4】『わけあって絶滅しました。』丸山貴史|99.9%の生き物はすでに滅びている?

生き物が絶滅する要因 1、環境の変化 人間のせいでさまざまな生き物が絶滅しているような印象があるが、大きな目で見ると規模は小さい。地球上に生まれてきた生き物のうち、もうすでに99.9%の種が絶滅しているが、そのほとんどの原因が環境の変化による。 …

【書評3】『すべての教育は「洗脳」である』堀江貴文|常識から解放されよう、やりたいことをやろう

貯金的思考の人びと 学校教育で学ぶ、いや学ばされている内容というのは、「いざという時」のためで、役に立つのか立たないのか分からない。やりたいことがあっても、いざという時に備えて我慢しなさい。という大人たちの理屈で機会をつぶされ、我慢を強いら…

【書評2】『緋色の研究』コナン・ドイル|シャーロックホームズの第一作

推理分析は多くのことをもたらしてくれる ホームズは、自身についてでもある以下のような記事を新聞に載せている。 観察力に富む人間は、多くのことを学ぶことができる。ある一つの提示されたモノから、見たり聞いたりしたことがないものの存在を推定、想像…

【書評1】『億男』川村元気|人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金。

お金持ちになりたいと心から願っているのか? 「学問のすゝめ」の有名な一説、『天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず。』「億男」の主人公とおなじく、多くの人はこの文の意味を「人間は平等」的な意味だと思っているが、実は違う。この文には続きが…

星新一のショートショートの世界⑦「ほほえみ」

あたしはなぜ、こんなところに立っているのかしら、と、その女は思った。 これはどこへ行く道?いくら考えてもわからなかった。 そのうち一台のバスがやってくる。あれに乗ればいいんだわ。 行くべきところに運んでくれるでしょう。 停車したバスに乗る時、…

まずはこの品種を知ろう|ワインの女王「カベルネソーヴィニヨン」とは?

ワインを理解するには品種を知ることが必要です。実際にお店でのテイスティング、ワインを購入する、レストランでのワインリストからチョイスなど、さまざまなところで役に立ちます。ブドウ品種を知り、それぞれの個性を掴むことは、ワインの楽しさを広げて…

星新一のショートショートの世界⑥「新発明のマクラ」

概要 エフ博士は眠っていても勉強ができるマクラを発明した。 「やれやれ、何とか大発明が完成した」 と博士が声を上げると、聞きつけたおとなりの家の主人がやってくる。 電子部品がきっちり詰まったそのマクラは、知識を蓄えており、 電磁波の作用によって…

卵の健康効果がすごい|毎日食べたい食品のトップレベル

「一日一個まで」の教えは古い! 卵が一日一個まで、といわれるようになった根拠は、ウサギを使った実験でした。ウサギにコレステロールを与えたところ、動脈硬化を引き起こしたというものです。 ただ、ウサギは草食動物で、そもそも肉などからコレステロー…

効果的な薄毛対策あれこれ|「予防」「進行を止める」「育毛」

薄毛は多くの人が抱える悩みのひとつです。見た目は人にさまざまな印象を与えるので、髪というのは若く見せたり、かっこよく見せたりと、大きな要素になってきます。 ただ、歳をとるにつれて、早い遅いの差こそあれ誰しも髪の量は減ってきてしまいます。しか…

日本酒の「精米歩合」と種類について|「純米酒」「醸造酒」など種類の違いはルールがある

精米歩合とは? 日本酒のビンを見ると、よく「精米歩合65%」のような表示を見ます。 精米とは、お米を削ることです。したがって精米歩合とは、元のお米からどれだけ削られたかを表すものです。歩合の%の数字が小さくなるほど、たくさん削られています。 歩合…

日本人の宿敵「肩こり」|原因と改善策

肩こりは日本人が特別なりやすいそうです。偏頭痛などに比べて、かなり多くの人がよく起こる症状として感じています。 肩こりを感じるとつらいのはもちろん、放っておきすぎると重い症状に発展することもあります。そんな肩こりですが、原因は人それぞれで原…

物を紛失しない方法|財布を2回、スマホを1回無くした経験者が語る

財布を落とした時の損失 ついこの間、財布をなくすという事態を犯しました。(2回目) 落としたことも2回なので、帰ってくる確率は今のところ五分五分です。 財布を無くすと困ります。かなり。 そして何よりいろいろと面倒なことがあります。 財布をなくし…

たったこれだけ!日常を変えるだけで健康になれること5選

日常の中で行う、ふとした行動を変えるだけで健康に近づくことは可能です。 逆にいうと、簡単に改善できる機会があるのにやらないのはもったいないことです。 誰にでも、今すぐできる、本当に効果があることを5つ紹介します。ぜひ取り入れてみて下さい! 1.…

星新一のショートショートの世界⑤|「あばれロボットの謎」

人間の乗り込んだロケットが宇宙に飛び出すように、宇宙からとんでもないものが 地球にやってこないとはいいきれない。 ある晩秋の夜、郊外に住むエフ少年は星がまばたく空を見て考えた。 「この広い宇宙の星々には、どんな人たちが住んでいるのだろう」 そ…

星新一のショートショートの世界④「タブー」

夜おそくの盛り場。 賑わいが残るなか、一人の若い女が空車のタクシーを捕まえた。 女は中のシートにかけ、行き先を告げると、 「気が進みませんなあ」と、顔をしかめながら運転手は返答する。 女は腹立たしげに 「なんてこと言うの、あたしに何か不満があっ…

星新一のショートショートの世界③「大黒さま」

元日の夜、うつらうつらしていたエヌ氏は、誰かが訪れる気配を感じた。 「どなたですか」 と身をおこすと、肩に大きな袋をしょった、福々しい顔をした大黒様だった。 念のため確かめてみると、 「そうだ。お前に福を授けに来たのだ」 と、本物に間違いないよ…

「ピノノワール」ってどんな品種?味わいや栽培地域など

「ロマネ・コンティ」という名前のワインを、一度は聞いたことがあると思います。 ものによっては一本で何百万もする超高級ワインです。ワインには様々な品種がありますが、この超高級ワインにはどの品種が使晴れているのでしょうか? その品種とは「ピノ・…

人生の3分の1は睡眠時間。あなたの理想の睡眠時間を知ろう

人生の3分の1は眠っているという話、聞いたことがありますか?実はこの話は一般的に本当のことなのです。 つまり、睡眠を改善することや、今抱えている眠りの問題を解決することは、人生に大きな利益をもたらします。逆に言えば、質の悪い睡眠だとかなりの…

日記③本の選び方がまた一つ増える|村上春樹「ノルウェイの森」より

自分はいままで本を選ぶ基準なんて考えてこなかったし、そんなこと思いつきもしなかった。本屋を適当にぷらぷら歩いてきめる、小説の中に出てきた、あるいは人に紹介されたなどといった方法で、次読む本というものを決定してきた気がする。 村上春樹のノルウ…

読書はメリットだらけ!|読書することで得られる驚くべき効果

年収や学力など、読書の有無によって差が出てくる統計を良く見聞きするようになりました。これはある程度本当の話です。 読書といわれると、苦手意識が多い人もいるかと思います。しかし、本を読まないことはとてももったいないことなのです。知識がつくだけ…

星新一のショートショートの世界②「魔法のランプ」

エヌ氏は必死に救命ボートをこいでいた。 乗っていた船は沈んでしまったが、やっと助かったのだ。 陸を目指してこぎつづけてきたため、すっかりくたびれてしまった。 それに、おなかもすいていた。 魚でも釣って食べようと思い、海へ糸を垂らすと、 魚ではな…